病院指標

平成29年度 吉川中央総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 15 54 64 79 173 214 555 873 799 273
当院の年齢階級別退院患者数の傾向としましては、全体の80.6%の割合で60歳以上を占めています。当院は急性期病棟の他に障害者病棟・療養病棟などの慢性期病棟を有しているため高齢の患者様の割合が多い傾向にあります。また、吉川市の人口統計からも、高齢化がすすんでおり今後も高齢の患者様の増加が予想されていることもあり、地域のニーズに合う医療機関を目指しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 70 42.94 20.83 2.86 85.56
0400800499x01x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 46 41.85 21.86 4.35 87.48
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 37 26.7 12.34 10.81 80.78
050130xx99000x 心不全 36 28.69 17.71 0 81.81
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 28 33.11 18.48 0 85.64
当院の内科での患者数上位5位疾患には、加齢などによる嚥下機能低下が発生要因となる誤嚥性肺炎・心臓の機能低下により血液供給が不十分である状態の心不全・尿閉や尿道カテーテル留置なども発生要因となる尿路感染症が挙げられます。
各疾患においても平均年齢は75歳以上と高齢者が多い傾向にあります。上位の4疾患(誤嚥性肺炎・心不全・尿路感染症・肺炎)においては急性期加療終了後に慢性期病棟へ移っていただき機能改善の為のリハビリを施行し、在宅及び施設へのご退院となるケースが多いことから全国平均在院日数の倍近い期間の入院となっています。急性期加療の期間のみを抽出すると、誤嚥性肺炎:26.7日・心不全:21.4日・尿路感染症:23日・肺炎:38.7日となり、全国平均在院日数と比較すると若干長くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 32 7.81 7.87 3.12 58.53
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 27 12.07 8.98 11.11 65.48
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 26 11.35 7.4 0 59.62
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 25 7.52 7.27 0 37.44
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 20 6.95 7.39 0 60.1
当院の外科での患者数上位5位疾患には、穿孔(穴が開く)や膿瘍形成を伴わない大腸憩室炎・手術やイレウス管挿入を必要としない腸閉塞・腹腔鏡下での手術を施行した胆のう炎・細菌性腸炎・食道,胃十二指腸,他腸の炎症(胃十二指腸炎,逆流性食道炎,消化管出血)が挙げられます。平均年齢については上位3位疾患については60歳前後、細菌性腸炎については40歳弱と若年層の罹患が多くなっています。
憩室炎・腸閉塞・細菌性腸炎・胃食道等の炎症については、絶飲食や輸液・抗生剤投与などの保存的療法を実施し退院されます。在院日数についても概ね全国平均通りとなっております。
胆のう炎については手術を施行する症例となります。腸閉塞・胆のう炎での在院日数は全国平均より長めで、その他は概ね全国平均となっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 54 59.43 27.09 7.41 83.15
160760xx97xx0x 前腕の骨折 38 5.97 5.21 0 47.03
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸、腰髄損傷を含む。) 35 51.23 19.34 2.86 77.77
070350xx99xxxx 椎間板変性、ヘルニア 13 38.38 8.83 0 42.46
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 13 5.69 9.54 0 52.23
当院の整形外科での患者数上位5位疾患には、股関節大腿近位骨折(股関節と大腿のつけ根付近の骨折)・前腕の骨折・胸椎,腰椎圧迫骨折・腰椎椎間板ヘルニア・鎖骨骨折等が挙げられます。
股関節大腿近位骨折に対しては観血的手術(ボルトなどを使用し補正する手術)を施行し、術後経過を見てリハビリを開始します。前腕骨折に関しても同様です。胸腰椎圧迫骨折や腰椎椎間板ヘルニアについては、疼痛管理とリハビリを行い加療していきます。術後経過や疼痛管理が良好になりリハビリを行う状態になると回復期リハビリテーション病棟に移行しリハビリを実施し退院となります。急性期加療の期間のみを抽出すると、股関節大腿近位骨折:36.5日・胸腰椎圧迫骨折:24日・腰椎椎間板ヘルニア:13.3日となっております。
鎖骨骨折等については、患部への観血的手術施行し、術後合併症が無いことを確認して退院となります。リハビリは通院で行っていきます。そのため、当院の在院日数は5日前後となっており全国平均の約半分位となっております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990200 脳梗塞(脳卒中発症3日以内かつJCS10未満) 10 41.4 20.12 0 73
160100xx97x00x 頭蓋、頭蓋内損傷 10 18.6 9.68 0 78.9
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 9 16.67 11.75 0 7.8
160100xx99x00x 頭蓋、頭蓋内損傷 9 13.33 7.34 0 57.33
010200xx01x00x 水頭症 8 52.25 21.12 12.5 72.38
当院の脳神経外科での患者数上位5位疾患には脳梗塞・頭蓋、頭蓋内損傷(脳挫傷等)・非外傷性硬膜下血腫(慢性硬膜下血腫等)・水頭症が挙げられます。
脳梗塞症例はModified Rankin Scaleという国際的に用いられている日常生活指標を使用し、発症前後の状態を評価します。脳梗塞はこういった指標評価やリハビリの有無などによって分類されます。当院で最も多い脳梗塞の状態は、発症前に障害がなかったケースで、点滴加療とリハビリを施行し改善がみられたケースとなっています。当院では脳梗塞の治療開始から概ね3日以内にリハビリを開始し、後遺症の発症を防止する取り組みを行っています。点滴加療と同時にリハビリを実施し、点滴加療終了後に回復期リハビリテーション病棟へ移動し、集中的なリハビリを実施しています。急性期加療の期間のみを抽出すると、脳梗塞:23.7日・水頭症:22.2日と概ね全国平均となっております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 12 2 4 5 3 18 1 7
大腸癌 12 12 14 4 - 52 2
乳癌 - - - - - 5 1
肺癌 - 1 - - - 3 1 7
肝癌 - - - 2 - 1 2
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は、癌治療について外科的手術・化学療法・緩和ケアと幅広く対応が可能です。
傾向としては、初発・再発を合わせて大腸癌の患者様が最も多く、次いで胃癌、乳癌、肺癌、肝癌となっています。各症例の傾向については以下のようになっております。

胃癌は早期ステージである患者様の割合が高くなっています。内視鏡を用いて癌を切り取る治療や腹腔鏡手術などの加療を実施されます。胃癌再発の患者様割合として、緩和治療(疼痛緩和など)、CVポート挿入(皮下埋め込み型ポート)、化学療法治療の割合が高くなっています。

大腸癌ステージⅢの患者様は、希望・状態に合わせた術後補助化学療法を積極的に行っています。大腸癌再発の患者様割合として、緩和治療目的、CVポート挿入(皮下埋め込み型ポート)、術後フォローアップ(大腸内視鏡検査)の割合が高くなっています。

年齢階級別でみますと、胃癌・大腸癌・乳癌は70歳代、肝癌は80歳代、肺癌は60歳代の患者様が多い傾向にあります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 10 14.7 60.2
中等症 67 23.58 75.67
重症 14 42.86 83.64
超重症 25 44.96 81.8
不明 0 0 0
市中肺炎とは市中(病院内や老人施設などを除く)で発症する肺炎で、若年層から高齢者まで幅広い年代でみられます。原因微生物についても細菌・非定型病原体・ウイルスなど多彩です。市中肺炎においては治療方針決定のためA-DROPスコアを用いて重症度を分類します。
①Age     :年齢(男性70歳以上 女性75歳以上)
②Dehydration :脱水症状(BUN 21mg/d以上又は脱水あり)
③Respiration  :呼吸状態(SPO2 90%以下・PaO2 60torr以下)
④Orientation  :意識レベル(意識障害 JCS方式での判定)
⑤Pressure     :血圧(収縮期血圧 90mmHg以下)
A-DROPスコアとは上記①~⑤の頭文字をつなげたもので上記項目の該当の有無に応じて軽度から超重症までの分類を行います。
( 該当数  0項目:軽度   1~2項目:中等度   3項目:重症   4~5項目:超重症  )

当院の市中肺炎重症度の傾向としましては、重症度別の平均年齢をみるとわかるように重症度が増すごとに平均年齢があがり在院日数も延びる傾向にあります。
また、軽快退院割合(自宅・施設などへの退院)は重症度が上がるに連れて軽快退院が困難になっています。

全国の死因統計においても肺炎が上位に挙がるように、高齢の方の肺炎罹患は重症事例となる可能性が高いため、肺炎球菌ワクチンの接種や医療機関への早期受診をおすすめ致します。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 65 80.78 78.48 4.23
その他 6 48.33 77.33 0
急性期脳梗塞の診断で入院される方は発症から3日以内に治療が開始されています。早期診断、早期治療開始、早期リハビリ介入を心掛け、急性期病棟から回復期リハビリ病棟への円滑な移行によって、発症後のADL(日常生活動作)障害が軽減されています。本報告では制度上急性期から回復期リハビリ病棟を経由して退院するまでの在院日数となりますので、約80.78日と長くなっています。
その他(3日以上発症日から経過している)に該当するケースについては、他院から当院の回復期リハビリ病棟への転院ケースなどが挙げられます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 77 1.31 2.22 0 65.87
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む) 14 55.14 82.93 14.29 82.86
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(2cm以上) - - - - -
K6182 中心静脈栄養用植込型カテーテル(頭頸部その他) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
内科で最も多い手術が内視鏡のポリープの手術です。内視鏡手術施行の経過観察後に退院となるため当日もしくは翌日に退院することができます。ポリープ手術は9割以上が下部消化管(大腸・直腸)への手術なっております。少数ではありますが胃のポリープ切除も手術を実施しております。
胃瘻造設手術は何らかの要因で食物を飲み下すことが困難(嚥下困難)になってしまった場合に腹部から管を通じて胃の内部に栄養や水分などを送り込むことを目的に行います。
胃瘻造設手術を受けられる方の大多数は他の疾患の加療経過中に施行されます。その理由としては嚥下困難となることで食事摂取が出来ず、栄養管理が困難となり病状回復が遷延することや誤嚥を引き起こし、肺炎などの合併を招いてしまうこともあるからです。こうした経緯のため入院から手術施行及び術後管理についても長期間を要しています。また、同様の理由で胃瘻の選択ではなく中心静脈栄養用植込型カテーテル設置を選択される患者様もいます。こちらは主要静脈にカテーテルを留置し、そのカテーテルから栄養剤の点滴を投与して栄養管理を行うものです。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 116 0.31 1.78 0 65.74
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 42 3.19 10.6 0 61.64
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 23 1 6.91 0 63.91
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 21 0.24 0.57 0 66.9
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 20 5.1 14.7 0 68.45
外科では主に消化器への手術を行っております。外科においても最も多い手術が大腸ポリープの手術となっており、内科と同様に当日もしくは翌日に退院することが出来ます。
腹腔鏡下胆のう摘出術は、主に胆のう疾患(胆のう炎、胆のう結石、胆のう腫瘍等)に対して腹腔鏡を使用し患部の摘出を行います。腹腔鏡を使用することで腹部の損傷が少なく手術を行うことが出来るため患者様への身体的負担が少なく済むことと傷が目立たないという利点があるため、当院では腹腔鏡手術を積極的に行っております。胆のう切除術の他にも虫垂切除術や鼠径ヘルニア手術についてなど幅広く腹腔鏡下手術を実施しております。
悪性腫瘍剤植込型カテーテル手術は、抗がん剤を腫瘍の栄養動脈から効率的に投与し、強力な効果の期待ができます。手術後は外来通院の化学療法を行います。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 57 4.47 49.74 3.51 80.02
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 33 0.06 1.97 0 51.67
K0732 関節内骨折観血的手術(足) 26 2.5 9.58 0 57.27
K0821 人工関節置換術(股・膝) 23 3.04 42.3 4.35 69.61
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 19 3.05 17.84 0 61.68
整形外科では大腿骨に対する手術が多く占めています。大腿骨の手術は骨折部を直接開いて整復と内固定を行う骨折観血的手術(大腿)、大腿骨頭が壊れ保存が困難な場合に骨頭を入れ替える人工骨頭挿入術(股)、骨頭側だけでなく関節窩側両方入れ替える人工関節置換術(股)です。高齢化が進み運動機能低下によって発生する骨折で全国的にも増加傾向にあります。そのため当院でも平均年齢が70歳以上と高齢なっており、手術後はリハビリ病棟に転棟し退院に向けたリハビリテーションを行うため、在院日数を要する傾向にあります。人工関節手術は、股関節だけでなく膝(TKA)手術も行っております。、また骨折観血的手術後に、手術にて体に入れた金属を取る手術(骨内異物除去術)も多く行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 347 0 0.55 0 75.21
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) - - - - -
K2681 緑内障手術(虹彩切除術) - - - - -
K2684 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術) - - - - -
K279 硝子体切除術 - - - - -
眼科の手術の9割以上が白内障に対する水晶体再建術となっており、年間で300件以上を施行しております。水晶体の混濁で視力が低下した場合に水晶体の除去と同時に眼内レンズを挿入する手術です。原因の多くは加齢による白内障で、当院の平均年齢も75歳以上で高齢となっております。短期入院での治療が可能で当院では手術の経過観察後、概ね当日の退院が可能です。その他の手術は、眼瞼下垂症手術、緑内障手術、硝子体切除術となっております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 17 2.82 34.82 5.88 78.41
K1742 水頭症手術(シャント手術) 11 11.55 46.09 18.18 74.82
K164-4 定位的脳内血腫除去術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K647-2 腹腔鏡下胃、十二指腸潰瘍穿孔縫合術 - - - - -
脳神経外科では最も多い症例が慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。慢性硬膜下血腫は軽微な頭部外傷後に脳を覆っている硬膜と脳との隙間に血が貯まる病気で脳を圧迫してさまざまな症状が発生します。治療は穿頭した後、洗浄、ドレナージを行います。高齢の方に多く見られ、当院でも平均年齢は75歳以上となっております。その他に脳神経外科手術は水頭症手術です。水頭症は、脳脊髄液の循環が悪くなる病気です。頭蓋骨を穿頭し、脳室チューブを入れバルブを装着して髄液を心耳(VAシャント)、腹腔内(VPシャント)に誘導を行う手術です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 12 0.45
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 16 0.59
異なる - -
敗血症は感染症や悪性腫瘍などに合併することが多い疾患です。当院の傾向としましては肺炎・尿路感染といった感染症から敗血症を合併する症例がほとんどを占めています。
さらに敗血症の発症により播種性血管内凝固症候群の合併がみられることがあります。当院においては肺炎・尿路感染・胆嚢炎・胆管炎から敗血症を発症し、播種性血管内凝固症候群を合併するという経過をたどり発症する傾向があります。

手術・処置は体内に医療器材を入れる、臓器を切除するなど身体に負担がかかる場合があります。身体への負担が大きいと免疫力の低下などの要因で感染症を起こしやすい状態になります。そのような原因から手術及び処置による合併症を発症することがあります。当院で発生した合併症の内容としては人工関節感染・術後創部感染・手術後の腹腔内膿瘍形成・体内留置カテーテル(中心静脈ポート・水頭症シャント)の閉塞・感染などがあります。合併症の加療後については比較的良好な経過を辿り、軽快退院されています。

更新履歴

2016/09/21 初版作成
2017/09/19 指標更新(28年度)
2018/09/25 指標更新(29年度)

病院案内

【当院のご案内】

吉川中央総合病院
電話番号:048-982-8311
外来受付時間
月~金:午前7時~17:00まで
土:午前7時~17:00まで
※診療科によっては受付と診察を行っていない時間帯もございますので、事前にご確認下さい。
所在地
〒342-0056 埼玉県吉川市平沼111
TEL:048-982-8311
FAX:048-981-2062

PAGE TOP↑