外科

当院外科は、一般外科はもちろん、消化器外科の専門チームとして幅広く診療にあたっております。

癌で命を落とさない非常に有効な方法は、出来るだけ早い時期に癌を診断して治療すること(早期発見・早期治療)です。
そのためには内視鏡検査を積極的行うことをお勧めします。
早く見つけた癌は再発・転移の可能性が低いだけでなく、体に負担の少ない治療(内視鏡手術や腹腔鏡手術)が可能です。
当院では皮膚を切ることなく内視鏡で癌を切り取る治療(ESD;Endoscopic Submucosal dissection)や、腹腔鏡手術(おなかに小さな穴をあけて胃癌・大腸癌・胆石などの手術を行う)に力を入れています。

担当医師(常勤医4名 非常勤医2名)

長澤 重直
病院長/外科部長
長澤 重直
(ながさわ しげなお)
平成3年 日本医科大学卒
日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器外科学会認定医
医学博士

当院外科は一般外科全般を扱いますが、胃内視鏡、大腸内視鏡にも力を入れており、また先進的医療の「お腹を切らずに内視鏡で切除する」癌治療や「小さい傷で手術する」腹腔鏡下手術を積極的に行っております。

小林 貴史
外科医師
小林 貴史
(こばやし たかし)
平成7年 浜松医科大学卒
日本内科学会認定医
日本内科学会認定専門医

山梨県から、病院の近所へ2人の子供と引っ越してきました。
医師になって14年経ちますが、最初の半分は腎臓内科をやってました。
今は一般外科といっても具合の悪い患者様は何でも診ようというスタンスで診療にあたっています。
家族共々宜しくお願い致します。

森 貴之
外科医師
森 貴之
(もり たかゆき)
平成14年 愛知医科大学卒
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会
日本消化器内視鏡学会

一般外科、消化器外科の診療をさせていただいております。
内視鏡検査、治療や体表のしこりなど、幅広い診療を心掛けております。
気になることがあればぜひご相談ください。
宜しくお願い致します。

杉木 孝章
外科
杉木 孝章
(すぎき たかあき)
平成8年 山口大学医学部医学科卒
日本外科学会外科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器外科学会専門医指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
がん治療認定医
医学博士
健診マンモグラフィー読影認定医師

専門
・消化器外科(特に胆膵疾患)

患者さんにとって、ベストの治療を常に考えながら、分かりやすい説明も心がけて診療にあたっております。
特に胆膵疾患については多くの症例を経験してきております。

トピックス

腹腔鏡下回盲部切除術をビデオで公開中!
回盲部(小腸と大腸の境目)の腫瘍を腹腔鏡下で切除している手術です。
傷は小さく、回復も早いのですが大腸の場合は開腹手術で起こりやすい腸の癒着が軽減されます。
腹腔鏡下幽門側胃切除術(LADG)をビデオで公開中!
この手術は、早期胃癌の手術のひとつです。
腹部に小さい孔を開けここから手術用のカメラと器具を入れて、カメラで内部をテレビ画面に映し手術をします。
胃を切除、吻合するために5cm位の小開腹はしますが、従来の手術(約20cm位の傷)に比べ、傷が小さく手術後の回復が早いのが特徴です。
今注目の内視鏡的粘膜下層切開・剥離術(ESD)をビデオで公開中!
当院外科では、早期発見した癌を内視鏡で観察しながら粘膜下層を剥離し切除する最新の治療を行っております。
このESDは病変部を一括して切除することができる確実性の高い方法であり、お腹を切らずに治療するため患者様の身体に負担が少ないなど今注目されております。
腹腔鏡下胃部分切除術をビデオで公開中!
 
食道接合部近くの胃粘膜下腫瘍に対する鏡視下手術です。
 
腹腔鏡補助下S状結腸切除術をビデオで公開中!
 
腹腔鏡補助下低位前方切除術をビデオで公開中!
 

健康情報

【大腸内視鏡のすすめ】
日々進歩を遂げている癌治療において、いま「癌は治るのか」と問われたら「癌は治ります」といっても良い時代であると思います。
ただし治る癌の多くは「早い段階で発見できた癌」という但し書きがつきます。
よって早期発見する目的で、腹部症状がある場合や、便潜血陽性である場合は、内視鏡検査をおすすめします。
バリウムを飲む胃透視や、肛門から注入する注腸造影はどちらもレントゲンを撮る検査ですが、より精度の高い検査を望むのであれば内視鏡が望ましいでしょう。
早期発見できた癌やポリープはお腹を切ることなく内視鏡で切除できるものも多く、仮に手術が必要になったとしても腹腔鏡による手術で小さな傷ですむことも多いです。
当院では内視鏡、腹腔鏡治療は積極的に行っているので、是非ご相談下さい。

大腸内視鏡のすすめ

PAGE TOP↑